埼玉県川越市の動物病院、たきた動物病院のホームページへようこそ。

TEL 049-225-8886
以下のような症状が見られたら、病気の徴候と考えて、早めに動物病院を受診しましょう。
体温は?
動物の平熱は38.5度前後です。
・いつもより体温が上がっているように感じる
・いつもより体温が下がっているように感じる

食欲は?
・食欲が全くない
・食欲が徐々に減る
・異常に食欲がある
・食欲にムラがある

飲水量は?
・飲水量が最近やけに増えた
・以前に比べ水をあまり飲まなくなった

体重は?
・最近、急にやせてきた
・最近、急に太ってきた

けいれんと震えは?
・突然けいれんを起こしたり、筋肉が震えたりすることがある
・けいれんや震えを何度もくりかえす

嘔吐は?
・食後しばらくして嘔吐することが多い
・食後すぐ吐くことが多い

咳・呼吸は?
・痰がからむ咳をする
・から咳をする
・早くて浅い呼吸をしている
・吸う息が苦しそうな呼吸をしている
・鳴き声が異常に変わった(声がかすれる)

皮膚・被毛は?
・毛のつやが悪い
・痒がっている
・脱毛している
・ふけがたくさん出る
・黒いぶつぶつが毛についている
・皮膚をつまんで離してももどりが悪い
・出血や傷がみられる
・皮膚の一部が腫れている

目は?
・目の出血がある
・目が飛び出しているようにみえる
・目やにがよく出る
・涙がよく出る
・目が白く濁っている
・目が充血している
・目を痒がっている

鼻は?
・くしゃみや咳をよくする
・鼻水をよくだしている
・ぐーぐーと鼻を鳴らすことが多い
・鼻血が出る

耳は?
・耳が腫れている
・耳が赤く、臭いがする
・痒がっている
・触ると痛がる
・耳を何度も振っている

口と歯は?
・口臭が強い
・よだれが出る
・口を気にしている(くちもとを引っ掻く)
・舌の色が変わっている(暗赤色〜紫色)

メスの生殖器は?
・性器から出血がある(犬の通常の生理の場合は大体10日から2週間ぐらいで出血はとまります)
・おりものがある
・陰部から何か異物がでている
・乳腺が張っている、あるいは乳腺が腫れている

オスの生殖器は?
・性器から出血がある
・睾丸が大きくなる
・ペニスをよく舐める
・オスなのに乳腺が張っている、あるいは乳腺が腫れている

お腹は?
・お腹が腫れて大きくなっている
・お腹にしこりがある

肛門は?
・肛門を気にしてよく舐める
・肛門を地面によくこすり付けている
・肛門の周囲にしこりがある

尿は?
・尿が出ない、出にくい
・尿の回数が多くなってきた
・尿量も多くなり、時に血が混じることがある
・尿の色がにごっている、あるいはコーヒー色をしている

便は?
・下痢が続いている
・便に血が混じっている
・便が出ない、出にくい

©1998-2017 Takita Animal Clinic All rights reserved.