埼玉県川越市の動物病院、たきた動物病院のホームページへようこそ。

TEL 049-225-8886
猫に多く見られる病気をまとめました。
ただし、ここに挙げた初期症状はあくまで一例です。
実際には同じ症状でも違う病気だったり、違う症状でも同じ病気だったりと様々です。
飼い主さんが注意して、小さなことも見逃さず、
早期に治療を始めることが延命に繋がります。
自己判断せず、少しでも初期症状に当てはまることがあったり、ご不安なときは
すぐに獣医師の診察を受けてください。
腎不全
乏尿・多尿・多飲・食欲不振・元気がない・嘔吐・貧血
腎臓は排泄機能により老廃物を体外に除去するとともに
水分、電解質および酸・塩基平衡を調節し、体内の恒常性を維持しているほか骨代謝、造血および血圧調節なども行っています。
腎臓の機能はその75%まで代償されますが、それ以上の障害を受けると腎不全を生じます。
腎不全の進行に伴い、貧血、骨代謝異常あるいは高血圧などを発現し、
さらに排泄障害から尿毒素の体内蓄積による多臓器不全症状を示す尿毒症へと移行し、
きわめて危険な状態になります。
腎不全はその経過により急性腎不全と慢性腎不全にわけられますが、
急性腎不全はその発症の約1週間以内に腎障害を受け、急速に状態が進行するのに対して、
慢性腎不全では数ヶ月から数年に及んで徐々に腎機能が低下します。
症状としては、乏尿、多尿、多飲、食欲不振、元気消失、嘔吐、貧血などがみられます。

口内炎
口を触られるのを嫌がる・よだれや息が臭い・食欲不振
口内炎では、口腔粘膜、舌、歯肉といった口内全体に炎症がおよんでいることが多いです。
炎症のために、口腔内が知覚過敏となり、痛みのため、口やその周りをさわられるのを嫌がります。
知覚過敏や痛みのため、食欲不振となり、やせてきます。口の周りはよだれなどで汚れ、唾液や呼気は悪臭をともなうようになります。
動物では、治療の基本である口腔内の清潔を保つということがかなり困難なので、自然治癒はほとんど期待できません。
治療には、歯石の除去、抗生物質や抗炎症剤などの全身投与が必要になります。口内炎は再発しやすい病気の1つです。

猫下部尿路疾患
血尿・排尿障害
猫下部尿路疾患は5歳ごろまでの比較的若い雄猫においてよくみられる疾患で、血尿や排尿障害がみられるのが特徴です。
高齢の猫にはあまりみられません。
一般的にこの疾患は抗生物質や止血剤などで改善しますが、
その処置が遅れたりすると、慢性の膀胱炎を繰り返したり、尿道の狭窄・閉塞などを併発して腎機能が低下し、
重篤な場合には外科的な処置を行わないと腎不全により死に至ることもあります。

猫伝染性腹膜炎
元気がない・食欲不振・発熱・腹囲が膨れる・呼吸困難・貧血・脱水・黄疸・下痢
猫コロナウイルスに起因し、比較的緩慢に進行する全身病で、いったん発病した猫の死亡率はきわめて高いです。
腹水、胸水の貯留を特徴とする滲出型と眼、中枢神経系、肝臓、腎臓などに病変を形成する非滲出型の2つがあります。
滲出型では、感染数週間から数ヵ月後に元気消失、食欲不振、発熱、腹囲膨大などの症状のほか呼吸困難、貧血、脱水、黄疸、下痢などがみられます。
非滲出型では、発病までの経過は滲出型とほぼ同様ですが、中枢神経系や眼に病変が見られる頻度が高いです。
神経症状として運動失調、行動異常、痙攣、意識障害、後躯麻痺などがみられます。
また眼がおかされた場合には、ブドウ膜炎、脈絡膜炎、全眼球炎などを起こし、失明することもあります。
特効薬はなく、決定的な治療法も確立されていません。他の猫との接触を防ぐことが予防としては有効です。

猫白血病
食欲不振・元気がない・体重減少・口内炎・下痢・貧血
猫白血病ウイルスによる感染症で白血病やリンパ腫など血液リンパ系細胞の腫瘍性の増殖をひきおこすばかりでなく、
感染した猫の免疫力を低下させ、肺炎、敗血症、歯肉炎や口内炎など細菌、原虫、ならびに真菌感染の誘因となります。
また、不妊や流産などの生殖器系の疾患、あるいは再生不良性貧血(赤血球の産生ができないことによっておこる貧血)などの原因となります。
症状は多彩で特異的なものはありませんが、食欲不振、元気消失、体重減少、口内炎、下痢、貧血などの症状で原因不明の場合には
本ウイルス感染症を考慮すべきです。
リンパ腫や白血病を発症した場合には抗がん剤などによる化学療法、口内炎などについては対症療法が行われますが、
決定的な治療法はありません。ワクチン接種による予防が基本となります。

猫エイズ(猫免疫不全症候群)
潜伏期間が長く、症状が見られたときには死亡率が高い
猫免疫不全ウイルスによる感染症でウイルスはけんかの咬み傷などから感染します。
このウイルスはひとたび感染すると猫の体内から消えることはまずありません。
感染した猫では何年もかかって免疫系の障害が起こり、最終的に多くが後天性免疫不全症候群(エイズ)を発症します。
発症にともないさまざまな感染症な対する抵抗力が失われ、また悪性腫瘍の発生も多くなり、最後にはやせ衰えて死亡します。
このウイルスは人間のエイズウイルスに似ていますが別のもので猫以外には感染しません
また、感染しても無症状のまま生存する猫もかなりいます。
発症したら決定的な治療法がありませんので、ワクチン接種による予防が基本となります。

猫ウイルス性鼻気管炎
人間の風邪とほぼ同じ
猫ウイルス性鼻気管炎は猫のヘルペスウイルスが原因のかぜの1つです。
人がかぜをひくように猫もかぜをひきます。
かぜは鼻水、くしゃみ、咳、発熱などの他覚症状と頭痛や悪寒などの自覚症状を伴う呼吸器系の病気の総称で、ウイルスや細菌の感染が原因です。

糖尿病
多飲・多尿・高血糖・尿糖排出など
糖尿病は、インスリン(すい臓から分泌され、血糖値を下げる作用をもつホルモン)の分泌あるいは作用が低下し、
多飲、多尿、高血糖、尿糖排出などの症状を示す疾患で、糖の代謝のみならず脂質やタンパク質の代謝にも障害をきたします。
この結果、全身の主要な臓器に障害をひきおこすこととなり、しばしば重篤な合併症をともなうことがあります。
猫の糖尿病治療は、人や犬と同様に食餌療法およびインスリン投与による薬物療法が中心となります。
そしてこれらの治療はほとんどの場合、自宅で飼い主さんが行うことになるため、
この病気を理解して病気の管理と主治医とのコミニケーションをより深めることが必要となります。

巨大結腸症
便秘
異常に拡大した結腸の状態をいい、慢性的な高度の便秘のため、結腸内には硬い大量の糞塊がみられます。
猫では比較的多くみられる病気です。便秘はいろいろな原因でおこりますが、
通常の便秘の場合には浣腸や食餌の改善、薬物療法など内科的に治療できますが、慢性で「がんこ」な便秘の場合には本症が疑われます。
本症は先天的な例もありますが、骨盤骨折や腸管内外の異物や腫瘍など多くは後天的に起こります。
原因不明で難治性の場合は特発性巨大結腸症とよばれ、結腸を切除するなどの方法がとられることがあります。

©1998-2017 Takita Animal Clinic All rights reserved.