埼玉県川越市の動物病院、たきた動物病院のホームページへようこそ。

TEL 049-225-8886
血清化学的検査ってなに?
血清中の化学的成分を測定することです。
無機物
糖質
脂質
酵素 ビタミン
ホルモン

など様々は物質が測定できます。
当院では、病態にあわせて検査する項目を選んでいます。

血糖値(Glu)
血糖の上昇は糖尿病、けいれん、甲状腺機能亢進症、副腎機能亢進症のときに上昇します。

総タンパク(T-protein)
血清総タンパク値の上昇は脱水症、リンパ肉腫、骨髄腫および感染症などのときに見られます。
腎疾患、肝疾患、飢餓および吸収障害のときには減少します。

総コレステロール(TC)
コレステロールは、主として肝臓で作られ、胆嚢に分泌されます。
高コレステロール血症は、胆管閉塞疾患、糸球体自然、あるいは糖尿病などのときに発現します。
甲状腺機能亢進症の場合は低コレステロール血症となることがあります。

総ビリルビン(TB)
ビリルビンは赤血球中のヘモグロビン分解によって生じる胆汁色素です。
これが肝臓に運ばれてグルクロン酸と抱合し、胆汁の一部として排泄されます。
溶血性疾患、肝疾患、胆管閉塞などのときに上昇します。

中性脂肪(トリグリセライド:TG)
トリグリセライドの上昇は、内分泌性疾患(クッシング症候群、甲状腺機能低下症、下垂体機能低下症など)や
代謝異常(糖尿病、肥満など)、肝・胆道・膵疾患(膵炎、閉塞性黄疸など)、
腎疾患(ネフローゼ症候群、慢性腎不全など)、
ステロイドホルモン剤やβブロッカー剤等の薬物使用時などのときに見られます。

GPT(グルタミン酸ピルビン酸トランスアミナーゼ)
犬や猫の肝細胞に多量に存在します。肝疾患の場合は血清中へ遊離します。
GPT値の上昇は、肝壊死、肝腫瘍、脂肪肝、貧血、肝炎に伴って発現します。

GOT(グルタミン酸オキザロ酢酸トランスアミナーゼ)
GOTは体組織の色々な部分に存在しますが、特に肝臓、心筋、骨格筋には高濃度に存在します。
GOT値の上昇は心筋梗塞、骨格筋壊死、肝細胞壊死などによって起こります。

尿素窒素(BUN)
糸球体濾過率の減少やタンパク異化作用が増強すると上昇します。
腎臓における血液環流が減少した場合にもBUN値が上昇し、腎前性腎不全の兆候となります。

クレアチン(Cre)
ほぼBUNが上昇する場合とほぼ同じ病態のときに上昇します。

アルブミン(Alb)
血清アルブミン値は飢餓、寄生虫感染、慢性の吸収不良性疾患、慢性の肝疾患および旧姓の糸球体腎炎の場合などに減少します。
脱水症状の場合は増加します。

ALP(アルカリファスファターゼ)
肝臓や骨に高濃度に存在します。
胆汁分泌停止、胆管閉塞では著しい上昇を示します。
血清Al-pの上昇とビリルビンの上昇は胆管閉塞の存在を示唆しています。
血清Al-pの上昇と正常血清ビリルビン値は肝臓のうっ血あるいは肥大を示唆しています。
また、血清Al-pの上昇は、急速に成長中の若齢動物
あるいは骨折治癒における骨形成時期においても認められます。

©1998-2017 Takita Animal Clinic All rights reserved.